ワキガの臭いを本気で対策したい!

「ワキガ臭いかもしれない・・」と、私が気づいたのは高校生でした。自分のワキから汗のニオイとは違う、ツーンとした刺激臭を感じた時、そうは思いたくありませんでしたが、同級生の視線、何より私自身がクサイ!と自覚してしまい「私、ワキガだったんだ!」とショックだったことを覚えています。

 

ワキガの臭いに気づいた時の心境

 

当時は、今みたいにインターネットも普及しておらず、誰に相談をして、どんなアドバイスを受ければ良いのかわからず、なによりお金がなかったので、お小遣いでエイトフォー、Ban、Ag+などの制汗剤を片っ端から買ってワキガ対策をしてきました。

 

社会人になって早10年。学生時代から始まり、彼氏、通勤電車、職場など多くの視線から解放されるべく、ワキガの臭い対策のため、これまで様々な知識、デオドラント商品を使ってきました。

 

ワキガの臭いに14年悩んだ私だからこそ言える、ワキガの臭いを抑える、消す方法で、ニオイ悩みを解消するお手伝いを、少しでもできればと思います。

 

ワキガクリームランキングボタン

 

目次
ワキガ(腋臭)とは?臭いの原因はなに?
ワキガの原因は汗腺にアリ!
ワキガ体質は遺伝によって決まっていた
ワキガの汗腺の量を減らすには手術しかない
手術の最大のリスクは「ワキガ臭の再発」
手術をしたくない人向け!気楽なワキガ対策方法(ランキングにジャンプ)
ワキガクリームを選ぶポイント
ワキガクリームランキング|ニオイ対策最強レベル(ランキングにジャンプ)

 

ワキガ(腋臭)とは?臭いの原因はなに?

ワキガ(腋臭)の臭いの原因は?

ワキガ臭いと気づいた私は、はじめは闇雲にニオイ対策をしてみましたが、効果的な結果を得られませんでした。悩みを解消するためには、そもそもワキガとは何なのか。

 

ここにワキガ対策をする重要なポイントがあった事を知ったのは極端な臭い対策をした後。それも一心不乱に。

 

本気で解消したいのであれば、まずはワキガの根本を知る必要があったのです。さっそく調べてみると、初めて聞く「ワキガとは腋臭症(えきしゅうしょう)とも呼ばれる」という言葉。

 

え、病気?と怖い思いをしましたが、病気、疾病を指すのではなく、皮膚のアポクリン汗腺から出る汗が原因で強烈なニオイを発する、人の体質的特徴を示す意味とのこと。ホッと一安心。

 

と同時に、ワキガは体質、人体的な原因で強烈な臭いを発すると知って衝撃。どうりで制汗スプレーを「これでもか!」と振りまいてもニオイ対策ができないはずです。

POINT

ワキガ体質の人は、特定の汗腺から出る汗の成分と、皮膚に棲んでいる菌が混ざり合い、独特の臭いを発してしまう

では、次にワキガの原因となる汗の出る場所について理解していきましょう。

 

ワキガの原因は汗腺(かんせん)にアリ!

 

夏の暑い季節のほうが臭いがキツくなると言われていますが、これはもちろん、汗腺の動きが活発になり汗をかきやすいから。暑くて体温が上がると、汗は体温を下げるために汗腺から発汗、体を冷やしてくれます。

 

エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があり、カラダにとってそれぞれ大切な対策をしてくれる役割を持っています。

 

エクリン汗腺(汗臭いの原因)

 

エクリン汗腺とは、人の身体のほぼ全身にある汗腺。ヒトが出す汗のその殆どがエクリン汗腺から。別名:小汗腺(しょうかんせん)とも言います。

 

エクリン腺から出る汗の成分は、殆どが水分ですが、微量に、汗臭さの元となる重炭酸イオンが含まれていて、細菌を増殖させる働きが。

 

ただしエクリン腺から出るアセが発する臭いは、わきが臭のそれとは違い、部室や体育館、スポーツジムで感じる臭いが「汗臭い」ということになります。

 

アポクリン汗腺(ワキガ臭の原因)

 

アポクリン汗腺とは、ワキの下、鼻回り、乳輪・肛門、生殖器などにある汗腺で、別名:大汗腺(だいかんせん)とも呼びます。

 

アポクリン腺は脂質、タンパク質、炭水化物、アンモニアなどを多く含み、アポクリン腺から分泌された汗が、皮膚に棲息している細菌により分解され、

 

玉ねぎのような、鉛筆のような、排泄物・・のような加齢臭とも違う、何とも言えないワキガ臭を発生させます。

POINT

アポクリン汗腺から出る汗がワキガの原因として、一役買っていた!要対策!

アポクリン汗腺はワキガ体質の人しか無い?

 

汗の出どころが2種類あり、アポクリンから出る汗がワキガ臭の原因なのは分かりました。でも、この汗腺ってワキガの人しか持ってないものなの?という疑問に。

 

実は、ワキガ体質の人も、そうではない人も、エクリン腺、アポクリン腺どちらも器官として皮膚に持ち合わせているものなのです。

 

ただ、アポクリン腺を体表に持ち合わせている数が人それぞれ違うため、ワキガ体質と呼ばれる人が生まれ出る悲劇を呼びます。なので、アポクリン汗腺の分布が体表中に多い人は、ワキガになりやすいんですね。

厳密に言うと、エクリン汗、アポクリン汗も分泌された直後はニオイは発していません。皮膚の常在菌(コリネ菌・ジフテロイド菌・真菌・黄色ブドウ球菌など)が分解した、脂肪酸、ステロイドなどが、においの原因物質。分解する元であるワキガ汗が出る場所(アポクリン汗腺)が多いということは、臭いを発生させる確率を高める要因に。

ワキガ体質は遺伝によって決まっていた

ワキガになるかは遺伝で決まっている

 

「何故こんな迷惑な器官が私の体には多いんだ!」原因を知った私は嘆きました。

 

ナゼ?を追求してみると、アポクリン汗腺の分布量は、遺伝によって決まっているという事実を目の当たりに。当時、遺伝が原因と知った当時は正直、お父さんとお母さんを恨みました。

 

ワキガ体質が遺伝で引き継がれてしまう確率は、両親がワキガの場合70%〜80%、お父さん、お母さんの片ほうがワキガの遺伝でも40%〜50%に上ります。

 

「要はアポクリン汗腺を減らせばいいんじゃない!」等と、浅はかに考えていた私の解決策は脆くも崩れ、遺伝という「人間とは」の根本的な原因により、ワキガ臭を発生させる汗の出どころの所為は、私自身の力だけで、どう対策することもできませんでした。

CHECK

ワキガと遺伝の関係は別のページで詳細をまとめています。遺伝についてもっと詳しく知りたい方はそちらを参考にしてみてください。
ワキガの臭い対策方法を知りたい方はこのままスクロール↓


>>ワキガと遺伝まとめ

 

ワキガ汗腺の量を減らすには手術しかない

 

遺伝で決まっているワキガ体質の元のアポクリン汗腺は、自分自身の手では、減らすも増やすも(増やしたくないけど)どうしようもできない・・汗腺そのものを減らすにはお医者さんに頼り、手術をするしかありません。

 

あらためて調べてみると、今は下記のように様々なワキガ対策用の手術方法があるようです。

 

ワキガを「治す」には手術しかない

 

現代医学でできるワキガの手術法

 

手術方法1:剪除法(せんじょほう)

特徴

脇のシワに沿って切開し皮膚を反転させ、アポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺を医師が目視でチェックしながら取り除き(切除)皮膚を縫合する。皮弁法(ひげんほう)とも呼ばれる。

費用(保険適用外)

35,000円〜300,000円

メリット
  • 健康保険が適用される医院もあり、費用が安く済む場合もある
  • 1回の手術で除去できるアポクリン汗腺はおよそ80〜95%程度
  • アポクリン汗腺と一緒に毛根も除去するので脇毛が薄くなる
デメリット
  • 術後は腫れるので、切開箇所を安静にする必要がある(1〜2週間程度)
  • 患部をプロテクターで固定する(48〜72時間)
  • 切開したキズが脇のシワに沿って線状にできる(3〜4cm)

 

手術方法2:ボトックス注射

特徴

ボツリヌストキシンAという神経毒を、人体に安全なレベルで治療薬剤化した「ボトックス」というお薬を、ワキの皮下に注射する治療法。ボトックスを注射することで発汗、ニオイを抑えることができる。

費用(保険適用外)

30,000円 〜 70,000円

メリット
  • 注射のみでワキガ治療ができる(制汗性も高い)
  • 施術時間が短い(10〜30分)
  • 術後がラク(通院なし、普段通りの生活ができる)
  • 医院が使用している注射針によっては殆ど痛みが無い
デメリット
  • 持続性が短い(3〜6ヶ月程度の効果しかない)
  • 妊活中・妊娠中・授乳中は手術不可(安全配慮のため)
  • ワキガ、多汗症の程度によっては効果が薄いと感じる場合もある

 

手術方法3:ミラドライ

特徴

マイクロウェーブ(電磁)波で皮下をあてて、電磁波のエネルギーで汗腺類を破壊する治療法。マイクロ波は水分にのみ反応するので、水を多く保有するアポクリン、エクリン、皮脂腺を中心に細胞を破壊し、体の負担も少ない。

費用(保険適用外)

300,000円 〜 500,000円

メリット
  • 肌を切らないので傷跡が残らない
  • ワキガの原因にだけ反応するので体への負担が軽く安全
  • 効果が長期持続する
デメリット
  • 保険適用外のため料金が高い
  • 技術が求められる施術(医師選びは慎重さが必要)
  • 適切な処置をしないと術後やダウンタイム(患部を回復させる期間)の痛みが強い

 

手術の最大のリスクは再発

 

手術のリスクは再発。怖かったら別のワキガ対策方法もある

 

効果があるのはわかってるけど・・と、手術と聞いただけでなんだかゾッとしてメンタルがやられちゃう人もいるかと。

 

実際にニオイ対策のために手術をした人の声で多かったのは「ワキガ臭が再発した」という声も結構見かけましたね。中には術後数日で臭いがすると感じる場合もあるようです。

 

思い込みや勘違いもあると思いますが、色々な意味で恐怖感を感じることが、手術のハードルが高くなる要因とも言えますね。

 

ワキガに悩む女性1

手術はお金も掛かるし、失敗とかのリスクを考えるとちょっとコワイな・・

 

私も正直、手術って中々踏み出せなかったので、まずはセルフケアを徹底的にやり込もうと思い、今使用してるワキガクリームに辿り着きました。

 

もちろん、ワキガクリームだけではなく、汗対策、生活習慣も見直してますが、手始めにワキガクリームの使用を日常化するだけでも、今悩んでるレベルの臭いは軽減されるはずですよ。

 

−−−

手術はちょっとコワイ・・

気楽に本気でワキガ臭を抑えたい!

−−−

ワキガクリームを選ぶときの5つのポイント

ワキガクリームといっても商品は沢山あってどれを選んでいいのか悩みますよね。買ってみたら結局効果が無かった。という経験をした人も、もしかしたらいるかもしれません。

 

ワキガは体質なので、人それぞれ体質が異なりますから、難しいと思われるかもしれませんが、ワキガ臭のニオイ軽減効果、使い心地も含めてワキガ対策クリームを選ぶにはこの5つのポイントを押さえましょう。

 

  • 香料
  • 他の香料とワキガ臭が混ざってニオイの悪化を防ぐために無香料を選ぶこと。

  • 制汗力
  • ヒフを汗で濡れた状態にしないことで、雑菌を増やさないようにし臭い発生を防ぐ。

  • 殺菌力
  • 特定の雑菌が増えないようにすることで、わきがの原因成分が分解されないようにする。

  • 保湿力
  • 脇が乾燥した状態だと過剰に皮脂が分泌されニオイが発生するキッカケに。保湿して余分な油分を出さないようにする

  • 速乾性
  • ワキがクリームでヌルヌルしたら気持ち悪くて使ってられないので、すぐ乾くクリームをチョイスする。

 

ワキガクリームランキングボタン

 

香料:無香料タイプのクリームを選ぼう

 

ワキガで悩んでいる人たちは、ワキガクリーム以外でも制汗剤等のデオドラント系の商品を選ぶポイントとして殆どが無香料タイプを選んでます。

 

これはなぜかと言うと、重度のワキガ体質(遠くにいても他人が臭いを気づくレベル)の人は特にわきが臭を香料で誤魔化せないからです。また、自分自身は腋臭には気づきづらいので、クリームの香料だけを感じるかもしれません。汗臭の酷い人がフレグランスをつけてさらに酷い臭いになるのと同じです。

 

しかし、他の視点からすると、アンモニアや香辛料、玉ねぎ、雑巾の生乾き等と例えられる、あの独特のニオイとフローラル系の香料が混ざり合うとどうなるか・・・酷なことを申し上げますが、嗅覚が敏感な人が一緒にいたら息もできない、吐き気を催してしまうまでに発展してしまい兼ねません。

 

無香料にすることで、ある意味2次災害的なトラブルを起こさないようにするためにもなり、かつ、本人もクサイ刺激臭を発していると気づきやすくなります。あなたのために、無香料タイプのものを選ぶようにしていきましょう。

 

制汗力:制汗力が高いのを選ぼう

 

アポクリン腺から出る汗がワキガの原因、つまり、その汗を抑えることでワキガの症状を和らげてくれるので、ワキガクリームでも、ワキガスプレーでも・・・制汗力をうたっている製品は多いです。夏などは特に汗をどうしてもかかきますから、制汗剤を使用しても汗は分泌されるし、体質によっては年中汗っかきな人もいるでしょう。

 

暑さで出る汗の大体はワキガの原因のアポクリン腺から出る汗ではなく、エクリン腺からでるので、これはほぼ無臭ですが、洗濯機に入れっぱなしにしていた濡れた洋服と一緒で、濡れていると雑菌が発生しやすくなり、臭いが発生しやすくなってしまうのです。

 

ワキガの臭いは前述の手術の点でもお伝えしたとおり、アポクリン汗腺から分泌される汗が原因の1つです。ですので、汗を抑えることは対策をするには必要不可欠ですよね。

 

汗対策は、仕事中や学校で臭いが漂ってこないようにと、制汗剤でこまめにケアをしている人も多いかと思いますが、ドラッグストア、量販店などで購入できる市販のパウダースプレー(ワキシュー)・ロールオン・スティック・シートタイプなどは、持ち運びに便利で私生活に負担の掛からない手軽なケア方法ですが、持続力が弱い、黒ずみやシワの原因になるという点が対策としては不十分となります。

 

また、市販の制汗剤は汗を抑えることに特化していて、ワキガ対策ではなく、汗臭を防ぐことがメインとして開発されていることが多いです。

 

そのため、汗を抑えすぎて皮膚の乾燥を起こし、逆に汗、皮脂が過剰分泌されてしまうといったケースも起こります。ワキガ、多汗症の対策をするのであれば、その原因に直接働きかける制汗力を持ったクリームを選ぶことが大事です。

 

殺菌力:特定の細菌の繁殖を減らす殺菌力をもつクリームを選ぼう

 

体臭で悩んでいる人が対策しているケア方法は、制汗・殺菌だけに気をつけていることが多いです。ですが、それだけでは腋臭特有の鉛筆の芯だったり酸っぱいようなツーンとした臭いを取り除くための解決にはなりません。

 

少しむずかしい話が入りますが、人間には、腸内や皮膚表面に何百兆もの細菌が生息していて、日常的に皮膚に生息している細菌、真菌を常在菌叢(じょうざいきんそう)と呼びます。

 

「菌」と聞いてしまうと悪さをするとイメージしてしまうかもしれませんが、動物の生態系と同じで、ヒトのカラダを守る働きをする細菌も生息しています。肌がツヤツヤと美しい状態を保てているのは「表皮ブドウ球菌」という常在菌のおかげです。

 

逆に黄色ブドウ球菌、ジフテロイド菌、カビは悪臭のある遊離脂肪酸を生産し体臭の原因を作り出す要因となります。表皮ブドウ球菌が悪臭の元となる菌を抑制し、遊離脂肪酸、アンモニア等も抑えてくれるので、良い働きをもたらす菌を定着させる環境に整えてくれる対策をしなければなりません。

 

強い殺菌力だけでワキガクリームを選ぶのではなく、刺激の少ない植物性成分を使用していたり、ニオイの原因菌の発生を抑え、かつ、肌本来の力を損なわない成分を使用しているものでニオイ対策をしていきましょう。

 

保湿力:肌に負担が掛からないよう保湿をキープできるものを

 

わきがクリームは肌を乾燥から守るため保湿をしっかりしてくれる商品を選びましょう。

 

肌が乾燥をするのは、皮膚にダメージが掛かりやすい状態ということ。人間のカラダは皮膚をストレスや刺激から守ろうと皮脂を分泌させて擬似的に皮膚表面を潤そう(オイリー肌、インナードライ肌とも呼びます)とします。顔をさわると指につく油といえば分かりやすいのではないでしょうか。

 

先ほどお伝えしたように、ワキガの臭いはアポクリン汗腺というワキガの人の脇の下や陰部などに多く分布する汗腺からでる皮脂と肌に付着してる微細な菌が混ざり合って玉ねぎのようなスパイスの香りのようなニオイが発生します。

 

ということは、乾燥することで、ワキガ臭の原因である皮脂が分泌されて臭いが強くなることに繋がってしまうのです。裏を返せば、肌の保湿をすることは皮脂分泌を抑える効果があるとも言えますので、わきがクリームを選ぶときのポイントとして知っておいてください。

 

速乾性:ベタつかない・速乾性があるもので対策を!

 

ワキガクリームは毎日使うものとなるので使い心地のいいものを選びたいところ。

 

使い心地のいいワキガクリームとしては、べたつかず、サラッとしていて、速乾性のあるもの。ワキガクリームにべたつき感があると気持ち悪いじゃないですか。脇がべたつき感で気持ちが悪いと、1日生活していて不快な気持ちで過ごすことに・・

 

速乾性を求める理由は、クリームやスプレーが服についてシミの原因となるので、使用してすぐ乾くかどうかを見極めていかないといけません。あとはクリームを塗ったときに、白いカスが残らないものを選ぶとなお良い感じ^^ワキに白いカスがついてると恥ずかしくて日常生活で腕を上げれませんからね・・w

 

わきがクリームを選ぶポイント補足編:容器のデザイン

ワキガクリームは形状や大きさ・外見も大切。臭いが気になるとき、すぐに対策を取りたいので、ワキガクリームはいつでもどこでも場所を気にせず使いたい、そう考える人はたくさんいるのではないでしょうか?

 

気軽にバック、化粧ポーチに入れて、ワキガのために使用するものだと分からないパッケージだと良いのに。これまで色々な制汗剤や臭い消しを使ってきて思います。

 

ワキガクリームを持ち歩いたりすると周りの視線がなどが気になり不安になるという人は、どこにでもある感じのコスメっぽい外見だと持ち歩きやすいやすく対策しやすいでしょう。

 

「後ろめたい、恥ずかしい、バレたくない、」その気持ちわかります!デザインなどにも注目してワキガクリームを選びましょう!今は可愛いパッケージのワキガ対策グッズがいっぱいあるんですから。

わきがクリームを選ぶポイント補足編:肌に優しい(無添加)のクリームをチョイス

最近まではワキガクリームは海外製のものが多く日本人の肌には少し刺激の強いものでした。

 

これは、日本人はワキガ体質の比率は少なくて、約1千万人ちょっとで10人に1人の割合ですが、世界的にみると、黒人はほぼワキガ、欧米人は半数以上(70%以上)と大きく異なります。

 

もちろん人によって差はありますが、外国人のほうが臭いの強さもクサイ傾向があり、そのため海外製のワキガクリームは日本人が使用すると脇の肌への刺激が強く、痒みなどの症状が出る人もいます。

 

ヒリヒリしたり、赤くなってしまう等のトラブルを引き起こさずに、肌の健康を維持しつつ、ワキガの臭い対策をするには、日本製かつ、無添加のワキガクリームがオススメ。

 

ヒリヒリや赤くなる等の肌への刺激は皮脂を大量に分泌させ、ワキガの臭いを悪化させる原因になりかねません。ワキガクリームを選ぶときは、肌荒れを起こしてケアが困難にならないように、敏感肌、デリケートゾーンに使いたいなどの人でも安心して使える肌に優しいものにしましょう。

 

また、無添加であれば、子供にも使用することができ安心安全で、ワキガの原因の1つとしてある遺伝から、思春期ぐらいからワキガのツーンとする臭いに悩む学生さんもいます。

 

万が一、子供がワキガ体質だったと判明しても、安心、安全にワキガ対策を取ることができますよ。
子供よりも大人の方が多少は免疫が強くなってはいますが、無添加のものを使用して肌に負担をかけないケアを心がけてください。

イヤな臭い対策におすすめのワキガクリーム3選

クリアネオ

香料 制汗力 殺菌力

無香料

保湿力 速乾性  

 

 

内容

 

CLEANEO(クリアネオ)クリーム 30g
(1本あたりの使用期間:およそ1ヶ月*)
*1日の推奨使用量2プッシュ換算

 

価格

 

単品購入:5,980円(税込)*送料は別途負担(660円)
定期購入(1本):4,980円(税込)*送料無料

 

定期コース

 

定期便の回数縛りがないので、1回だけの利用でも解約が可能。定期便の申込特典「永久保証制度」も利用できる。

 

成分

 

■有効成分
パラフェノールスルホン酸亜鉛、イソプロピルメチルフェノール
■その他の成分
架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、メチルポリシロキサン、架橋型メチルポリシロキサン、デカメチルシクロペンタシロキサン、PEG-9 ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、イソノナン酸イソトリデシル、精製水、塩化ナトリウム、クエン酸ナトリウム、エタノール、フェノキシエタノール、1,3-ブチレングリコール、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、ウーロン茶エキス、チョウジエキス、クララエキス(1)、オウバクエキス、ラベンダーエキス(1)、カキタンニン、炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、チャエキス(1)、クマザサエキス、シャクヤクエキス、ハマメリスエキス、紅茶エキス、ドクダミエキス、セージエキス、ブドウ葉エキス、ビワ葉エキス、オトギリソウエキス、カモミラエキス(1)、シナノキエキス、トウキンセンカエキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレエキス、アルピニアカツマダイ種子エキス、プルーン酵素分解物、ヒメフウロエキス、ユキノシタエキス、ダイズエキス、アマチャエキス、海藻エキス(5)、加水分解シルク液、水溶性コラーゲン液(4)、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、コメヌカスフィンゴ糖脂質、水素添加卵黄レシチン、卵黄リゾホスファチジルコリン、無水ケイ酸、l−メントール、クロルヒドロキシアルミニウム、無水エタノール

 

特徴

 

ワキガで悩む方にオススメのワキガ対策クリーム。高い殺菌効果と制汗効果のある成分が配合で、臭いの根元から消臭対策ができます。

 

  • 有効成分イソプロピルメチルフェノール(殺菌成分)
  • 有効成分パラフェノールスルホン酸亜鉛(制汗成分)

 

この2つの成分が対策元にアプローチし、ワキガの原因菌を99%殺菌してくれます。
また、汗を抑えることで臭いを防ぐことができ、老廃物からくる細菌を増殖を押させる役目をもつ、柿渋エキスも配合。

 

CLEANEO(クリアネオ)は、第3者機関で三種類の試験を実施していて、すべて、商品検査基準をクリアしている所も信頼性があります。
※全ての方に皮膚刺激がおきないというわけではありません。

 

さらに、CLEANEO(クリアネオ)は定期便で申し込むと、永久返金保障もついています。使用後、効果に納得できない場合は全額返金してくれますよ。
※定期便パックのみ適用。

 

定期便は通常価格から1,000円OFFの4,980円〜、もちろん送料無料。回数縛りはないのでいつでも解約可能です。

 

  • 脇にサッと塗るだけのニオイケア対策
  • ワキガ臭の原因、アポクリン汗腺に直接作用
  • パッチテスト、スティンギングテスト、RIPT試験済
  • 天然成分を多く配合し、お子様にも使用可能
  • 永久返金保障(初回ご注文分のみ)
  • 定期便の1回届いた時点で解約することも可能

 

ラポマイン

香料 制汗力 殺菌力

無香料

保湿力 速乾性  

 

 

内容

 

Lapomine(ラポマイン)クリーム 24g
(1本あたりの使用期間:およそ1ヶ月*)
*1日の推奨使用量1プッシュ換算

 

価格

 

単品購入:8,560円(税別)*送料は別途負担(600円)
定期購入(1本):5,700円(税別)*送料無料

 

定期コース

 

定期便申込後、最低3回(ヶ月分)を受け取ってから解約が可能。4回目の商品到着日の7日前までに電話で事前連絡をする必要がある。

 

成分

 

■有効成分
パラフェノールスルホン酸亜鉛、イソプロピルメチルフェノール
■その他の成分
セタノール、ステアリン酸、スクワランポリオキシエチレンラウリルエーテル、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、パルミチン酸イソプロピル、ポリオキシエチレンセチルエーテル、フェノキシエタノール、メチルポリシロキサン、精製水、濃グリセリン、ソルビット液、エデト酸二ナトリウム、乳酸ナトリウム、パラオキシ安息香酸メチル、アロエエキス(2)、カキタンニン1,3-ブチレングリコール、N-アセチルチロシン、ボタンエキス、カッコンエキス、サクラ葉抽出液、ダイズエキス、モモ葉エキス、ユリエキス、アーティチョークエキス、天然ビタミンE、チャエキス(1)トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル液乳酸ナトリウム液、オトギリソウエキスカモミラエキス(1)、シナノキエキス、トウキンセンカエキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレエキス、オウバクエキス、コメヌカスフィンゴ糖脂質、水素添加卵黄レシチン、ヨモギエキス卵黄リゾホスファチジルコリン、テトラ2−ヘキシルデカン酸アスコルビル、メチルシロキサン網状重合体、シソエキス(1)、ドクダミエキス、

 

特徴

 

ラポマインはわきのニオイ対策のおすすめコスメとして有名メディアのスキンケア大学で掲載され、臭いに悩み、対策グッズとしてラポマインに辿り着いて、リピートしてる愛用者が多いデオドラント商品

 

2012年から販売が開始され、累計販売数は122,000本を突破し、リピート率は95.6%の大ヒットクリームです。

 

  • においに悩まず毎日を過ごせる!
  • 去年の夏よりにおいが気にならない♪
  • 娘に腋臭の手術はさせたくなかったから購入して満足です

 

  • においに悩まず毎日を過ごせる!
  • 去年の夏よりにおいが気にならない♪
  • 娘に腋臭の手術はさせたくなかったから購入して満足です

 

と、口コミで喜びの声が多く、12万本の販売実績を裏付けるように、ユーザー1人1人が安心、満足して使用してることが見受けられます。

 

ラポマインの特徴は、汗、皮脂が分泌されるそもそもの原因に着目している所です。

 

ワキガの原因は汗腺から分泌されるワキガ成分や皮脂・垢が、常在菌に分解されてキツい臭いになるので、制汗、殺菌を心がけてた人が多いと思いますが、その行為が、そもそもの原因となる「乾燥」を招くことに。

 

ワキガの臭い対策にも、肌を乾燥させないようにして皮脂などの過剰分泌を防ぐことが大事なので、ラポマインは臭いの原因の抑制だけではなく、肌を保湿することに特化したワキガクリームになりました。

 

保湿、殺菌、制汗、この3つを1度でケアできるのがラポマインの最大な特徴と言えるでしょう。

 

  • 21種類の天然性植物エキスがワキを徹底保湿
  • 殺菌抑臭成分「柿渋エキス」を配合
  • 薬用成分が臭いの原因の汗と皮脂をしっかりブロック
  • 厚生労働省から承認された「医薬部外品」

 

ノアンデ

香料 制汗力 殺菌力

無香料

保湿力 速乾性  

 

 

内容

 

NOANDE(ノアンデ)クリーム 30g
(1本あたりの使用期間:およそ1ヶ月*)
*1日の推奨使用量1プッシュ換算

 

価格

 

単品購入:9,800円(税込)*送料無料(沖縄・離島は除く)
定期購入(1本):4,960円(税別)*送料無料

 

定期コース

 

いつでも休止、中止OK。2ヶ月目以降もずっと4,960円で購入可能。次回お届け日の10日前までに解約、休止申請ページ、または電話で連絡をする必要がある。(電話番号:0120-731-251)

 

成分

 

■有効成分
フェノールスルホン酸亜鉛・シメン-5-オール
■その他の成分
柿タンニン、プラセンタエキス-1、アーティチョークエキス、セイヨウナシ果汁発酵液、茶エキス-1、シャクヤクエキス、ヒメフウロエキス、スターフルーツ葉エキス、ヨクイニンエキス、ワレモコウエキス、アロエエキス-1、ローズマリーエキス、マロニエエキス、アルニカエキス、ハマメリスエキス、セイヨウキズタエキス、オトギリソウエキス、ブドウ葉エキス、グリチルリチン酸2K、ステアロイルフィトスフィンゴシン、スフィンゴ糖脂質、天然ビタミンE、メントール、濃グリセリン、水添大豆リン脂質、クエン酸Na、炭酸水素Na、炭酸Na、エタノール、BG、セリサイト、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、ジメチコン、架橋型ジメチコン、シクロペンタシロキサン、PEG-9 ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、塩化Na、フェノキシエタノール

 

特徴

 

ノアンデは汗の量を抑え、ワキガ菌を抑える2つの効果があります。菌が発生しにくい状態を整えることにより、ワキを清潔に保ち、臭いの発生を根元から防ぐことが可能なのです。

 

一般的なワキガクリームだと、時間が絶つにつれてクリームが落ちてしまい、持続力が低下してしまうケースもありますが、ノアンデは「1DAY Perfect」という独自の技術により、他の製品よりも汗で流れにくい製法。汗をかく暑い季節や、運動をする人にピッタリのワキガクリームと言えるでしょう。

 

また、ノアンデは200人ものパッチテストを実施済みで、全員に2回のテストをおこない、肌荒れや、かぶれ等の症状は1人も出ませんでした。敏感肌・アレルギー体質・小さな子供にも安心して使うことができます。

 

敏感・乾燥肌の人が使えるように、無添加処方なので、

 

  • 香料・着色料・鉱物油、パラベン、請求系界面活性剤、タール系色素
  • 紫外線吸収剤、動物性原料

 

これらの成分は一切使用をしていません。

 

また、天然由来成分も豊富で、
ワレモコウ・アルニカ花・ローズマリー葉・セキヨウキズタ葉・ヨクイニン・スターフルーツ葉・ヒメフウロ・プラセンタエキス・ブドウ葉
など、自然本来の力で臭いを抑えることができます。

 

ワキガ臭への対策だけではなく、足のニオイや汗臭、体臭の対策もでき、汗の量を整える効果もあるので、汗ジミを抑えるのにも一役買ってくれるでしょう。

 

  • メイドインジャパン(安心と信頼の日本製)
  • 商品リニューアルにより、商品の品質をさらに向上
  • ワキガの原因菌殺菌率は99.9%
  • 敏感・乾燥肌に優しい無添加処方
  • 汗に負けない圧倒的な持続効果
  • 使用感にもこだわり、気になる不快感も無し
  •  

ワキガの体験談を集めました

私のワキガ体験談

 

ワキガで悩んでいる人は実は意外と多いのです。自分なりのワキガ対策を行なって、まわりにワキガだと気付かれないように気を付けているようです。
ワキガ対策の方法は人それぞれですが、自分に合った対策を見つける事が大切です。
ワキガで悩んでいる方の体験談をご参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

ワキガに悩む女性1

ワキガは自分では気づかないんです。

自分がワキガだってことに全然気づいていませんでした。ワキガって自分で臭いに気づかないんですよね。

普段はあまりキツイ臭いではないようなのですが、汗をかいた時に臭ってしまうようです。
特に脇の汗がすごくて困っています。汗腺と鍛える方法とかあるみたいなので試してみたいとは思っているのですが・・・。ワキガの臭いを改善する方法を色々と調べてはいるのですが、まだ結果にたどり着いていません。洋服に臭いがついてしまうと洗濯してもなかなか取れないので困っています。友達との洋服の貸し借りは絶対にできません。まわりにワキガがばれないように隠すので必死で、制汗スプレーを使っていますが減りが早く金銭的にキツイです。

 

ワキガに悩む女性2

友達が教えてくれました。

私の場合は仲の良い友達から自分がワキガだと教えてもらいました。すごくショックでしたが、制汗スプレーや脇のニオイを抑えるコスメなどをすすめてくれたおかげで、他の人たちにはばれないように過ごすことができました。ですが油断するとすぐに臭ってしまうので気が抜けない状態です。特に夏場はしっかりとわきが対策をしておかないとニオイが部屋中に充満してしまいます。私は体臭があるようです。原因はわからないのですが、遺伝的なものもあるのでしょうか。この悩みから解消されたいです。

 

ワキガに悩む女性3

多汗症でワキガです。

もともと多汗症の方が気になっていてワキガには気づいていませんでした。多汗症の事を調べていくうちにもしかして自分はワキガではないかと疑い、家族に聞いてみるとやはり臭うといわれました。ワキガの人に「あなたはワキガだよ」とは言いずらいみたいです。多汗症の症状はワキ汗がすごいので、そこから改善していこうと思っています。もしそれでも治らなければ手術することも考えています。今は食事療法を取り入れています。

 

ワキガに悩む女性4

ワキガ対策は必須です。

自分がワキガだと気付いた日から、ワキガを治す方法について色々調べました。完全に治すには手術をする必要がありますが、ある程度ワキガ対策をすることで臭いを抑えることができることがわかりました。特に汗をかく季節はワキの下をとにかく清潔に保つ事を心がけました。汗をかいたらすぐに汗ふきシートで汗を拭きとり、制汗スプレーで臭いを抑える、これをこまめに行う事で臭いが最小限に抑える事ができました。人によってワキガ対策の方法は違ってくるとは思いますが、基本は清潔にする事だと思います。