ワキガの臭いと汗の臭いの違いは?

ワキガの人と、汗っかきの人の汗の臭いは感じ方に違いがあります。

 

理由は、ワキガの原因となる汗は普通の汗が出る汗腺が違います。

 

次は、ワキガの汗と通常の汗とのにおいの違いについて紹介していきます。

 

ワキガの汗はアポクリン汗腺から排出される汗

ワキガの原因となる汗はワキにあるアポクリン腺と言われる汗腺から分泌されます。

 

このアポクリン腺から出る汗は水だけではなく脂質やたんぱく質が含まれています。

 

この汗だけではにおいはありません。

 

においが出るときは、このアポクリン腺から出る脂質やたんぱく質の含まれた汗を菌が分解します。

 

これによりワキガの強くきつい臭いが発生します。

 

通常の汗はエクリン汗腺から排出される汗

通常の汗はエクリン腺と言われる腺から分泌されます。

 

このエクリン腺は体のほとんどに存在します。

 

エクリン腺から分泌される汗は90パーセント水分でできています。

 

このエクリン腺からでる汗はアポクリン腺から出る汗のように同じくにおいはありません。

 

しかし、運動をしたときやストレスを感じたときに汗とともにアンモニアが分泌されるのでワキガとは違う汗臭さが発生してしまいます。

 

ですが、エクリン腺から出る汗は体の体温調節のために出ている汗なのですぐに蒸発される特徴があります。

 

その為、服などに臭いが残っても、体には臭いがほとんどつきません。

 

自分の汗のニオイはワキガのニオイなのか汗のニオイなのかを判断しよう

ワキガの汗と通常の汗にはこのような違いがあることがわかったと思います。

 

汗腺の違いでにおいにも違いが出るということにもご理解いただけたでしょうか。

 

汗っかきの人をワキガだという人もいますが、汗っかきの人が出している汗はエクリン腺からの汗なので、ワキガのようにきついにおいはしません。

 

もし、嫌なにおいがしてもそれはアンモニアの臭いです。

 

自分のにおいはワキガから出ているにおいなのか、アンモニアのにおいなのか、自分の臭いが気になりだしたらにおいで判断しましょう。

 

ニオイの原因に合った対処法をしていこう

汗のにおいはワキガのにおいか、ただの汗のにおいなのかで、においを抑える方法が違ってきます。

 

ワキガでしたらワキガ治療を行ったり、ワキガ専用のクリームを塗ったりしないといけません。

 

単なる汗の臭いでしたら体を清潔にする、通気性のいい服を着る、汗をかかないようにするなど簡単な方法で防ぐことができます。

 

自分の汗のにおいで周りにいやな目で見られないように、においの原因を探し出し、その原因にあった防止策を行っていきましょう。