臭いがキツくなってきた気がする・・

ワキガの臭いが最近キツイ、よりハッキリと感じるようになってきた・・そんなにおいを自分が出しているとなると、悩んでしまいます。

 

ここではワキガの原因について考え、なぜ臭う人と臭わない人がいるのかもしっかりと説明していきます。

 

汗腺による汗の違いが関わってくる

  • アポクリン腺
  • エクリン腺

 

汗は上記の二つの汗腺から分泌されます。体のだいたいの部分の汗腺はエクリン腺です。

 

エクリン腺からでる汗は基本的ににおいはしません。汗臭さと言うものはありますが、エクリン腺からでる汗はほとんどの成分が水なので、菌が繁殖して分解をしたとしてもにおいはきつくありません。

 

つまり、きついにおいの原因となるのがもう1つの汗腺のアポクリン腺です。

 

ワキの下や陰部にはアポクリン腺があるケース

これがワキガの人の匂いの原因となります。

 

アポクリン汗腺が多い方はワキガとなり、少ない方はワキガにはなりません。

 

もう少し具体的に説明しますが、アポクリン汗腺の汗の性質はエクリン腺とは全く異なります。

 

実は水分以外のものを大量に含んでいるのです。

 

アポクリン汗腺の汗に含まれる成分
  • タンパク質
  • 糖質
  • アンモニア
  • 脂質

 

これらの成分を含んだ汗がアポクリン腺から出てきただけでは、ワキガのきつい臭いが出てくるわけではありません。

 

アポクリン腺から出てきた汗が菌によって分解されるとキツイ匂いが発生する

先ほども書いたようにアポクリン腺から出てきた汗は非常に多くの成分を含んでいます。

 

その様々な成分が含まれた汗を菌が分解することによってワキガの臭いが発生します。

 

これが、ワキガの臭いが発生する仕組みです。

 

アポクリン腺から出るものとして汗のほかに皮脂がありそれも同時に分解されることがあります。

 

もしアポクリン腺と皮脂が同時に分解されるとにおいが混じりさらに強くきついにおいを発生させてしまうので注意しましょう。

 

日本人にワキガは多いのか?

基本的に多くはありません。

 

基本的に日本人でワキガの人は少ないです。

 

白人は70パーセントから80パーセントがワキガだといわれています。

 

黒人に関しては100パーセントがワキガといわれています。

 

日本人や中国人などの黄色人種は3パーセントから5パーセントとされています。

 

しかし発生率が低いからこそ、ワキガの人は目立ってしまうことになります。

 

海外では沢山の人がワキガなので気にならない感覚になりますが、日本では目立つことになってしまいます。