ワキガの臭いの種類って人によって違う・・?

「ワキから臭ってくる体臭、これってもしかしてワキガかな・・」
「でも、よく言うツーンとしたニオイとも違うし」
「誰にも指摘されたこと無いし・・」

ワキガのニオイは種類がある


自分から放たれる異臭に気づいた時、
脇から臭ってくるとワキガを疑います。
が、それが本当にワキガなのかは中々判断できませんよね。

 

ワキガの臭いの種類は、不快なニオイなのは変わりませんが、
実は人によってニオイの特徴は人によって違いがあります。

 

ワキガの臭いの種類と特徴

では実際に、どんな臭いなの?と本題に入ります。
よく言われているニオイの例えを見ていきましょう。

 

硫黄臭

 

ワキガの人でもっとも多い臭いとなるのが、鼻にツンとくる「硫黄臭」です。

 

温泉街の温泉たまごや温泉まんじゅうを売ってる場所で
ふわーっと匂ってくるのを感じたことがある人も多いはず。

 

身近なもので例えると卵が腐った時のなんとも言えない生臭いニオイ

 

硫黄臭は汗に含まれるアミノ酸と、臭気物質が合わさって、
皮膚にいる細菌がそれを分解することで硫黄臭に変わります。

 

スパイシー臭

 

香辛料に「クミン」というスパイスがあります。
ワキガのスパイシー臭はクミンの臭いに似ているとされています。

 

クミンはカレーなどにも使われる代表的なスパイスの1つですが、
炒めるとワキガの臭いになってしまうようです。

 

カレーの場合は「爽やかな香り」と感じる人もいるようですが、
体臭となると、カレーを食べたあとなのか、
「カレー食べてないのに何このツンとした臭い・・もしかして」
異臭に気づくことになるでしょう。

 

脂肪酸臭

 

脂肪酸臭を身近なものに例えるなら、古い雑巾、
または牛乳を拭いてそのままにした雑巾の臭い
です。

 

そもそも脂肪酸とは、ワキガの臭い物質を分泌するアポクリン汗腺から、
タンパク質や糖質、脂質などと一緒に排出される成分です。

 

脂肪酸の中にも種類がありますが、
低級脂肪酸と呼ばれるものがあり、これは悪臭を放つ成分となっています。
※低級脂肪酸にもいくつか種類がありますが、ここでは割愛します。

 

これが細菌に分泌されて、アンモニアも加わると不快な臭いになってしまいます。
また、脂肪酸臭の場合は、ワキガ体質ではない人でも体臭を感じる場合の原因(汗臭いなど)ともなります。

同じワキガでもこんなに違うのはなんで?

ワキガのニオイはフェロモンが含まれている

ワキガの臭いは、もともと異性を惹きつけるための

フェロモンを出すための臭いとされています。

 

フェロモンを出す役割をしているのが
アポクリン汗腺です。

 

フェロモンは体内で生成されるので、
生活習慣や食生活によって異なる成分を取り入れ、
分泌されるフェロモンも、臭いも変わってくるのです。

 

ですので、もしかしたら、
10人の内9人が嫌がる臭いでも、残りの1人は
フェロモンに惹きつけられている可能性だってあるんです。
(もしかしたら独特なにおいフェチというケースも・・)

臭いを抑えるためにはどうしたらいいか

アポクリン汗腺から出てくる分泌物を抑制すること

ワキガのニオイは人によって違うんです

においに違いはありますが、
基本的にはアポクリン腺から分泌される汗によって臭いが発生します。

 

アポクリン腺から分泌される汗は様々な成分を含んでいます。
その汗を菌が分解することで、きついにおいを発生させます。

 

しかし、汗は自分でコントロールすることができず
勝手に出てきて分泌を抑えることは難しいです。

 

ワキから汗を出してしまうと、
環境のせいもあって菌がとても繁殖しやすいです。

 

ワキしたは閉鎖的な空間で、湿気が非常にとどまりやすいです。
さらに、男性の方は汗がわき毛にくっつきさらにとどまりやすくなります。

 

アポクリン腺からでてくる汗を抑えるには、制汗剤などを利用するといいでしょう。
また、汗を分解する菌を無くすために殺菌効果のある製品を使うとさらに効果的です。

 

食生活を見直す

フェロモンの下りでお伝えしたように、臭いは食べ物でも変わってきます。
ニオイがキツくなる食べ物もあるので、注意しましょう。

 

こんな食生活を送っている人は要注意

 

  • 肉を中心とした食事
  • 辛いものが大好き
  • 夕方のお惣菜コーナーの揚げ物を買ってしまう
  • カフェインの過剰摂取。仕事中、ブラックコーヒーしか飲んでないなど
  • マクドナルドなどファーストフードで食事を済ます

 

メンタルストレスを軽減する

ワキの下の汗を減らすためのほかの方法として精神的なストレスを減らすことがあります。

 

ストレスを感じた時、急激に不安になり焦りを感じた時などに、
人は通常よりも多くのフェロモンになる分泌物を出すとされています。

 

そのため、精神的に負担がかかった時、
ワキガの臭いが強くなるということが証明されています。

 

また、これとは別で、ストレスがかかった時に臭う体臭は、硫黄臭のようにツーンとしたニオイではなく、どちらかと言うと汗くささが強くなったようなイメージです。

 

他人の目が気になるのもストレスですし、
ご自身のニオイに対して敏感になりすぎるのも、ストレスの元となります。

 

気にしすぎることが逆に深刻にしてしまうケースもあるので、
自分に負担がかからないケア方法を模索していきましょう。