ワキガの「治療」方法として謳えるのは「手術」だけ

ワキガの根本から治療したい。できるのならそうしたいですよね。

 

ワキガの治療方法として唯一謳えるのは「手術」だけ。ここでは代表的な施術の剪除法(せんじょほう)について、どんな手術方法となっているのか、なぜ剪除法が有効的な治療法とされているのかも詳しく解説します。

 

剪除法の内容を徹底解説

ワキの下を切開してアポクリン汗腺を確実に取り除く

ワキガを完全に治すにはアポクリン腺を取らないといけません。

 

多くのワキガ手術はでは、表面のだいたいのアポクリン腺は取り除くことができますが、表面だけだと取り残しができてしまいます。

 

なのでワキガが完治しない可能性があります。

 

剪除法は医師が切った皮膚を裏返し、アポクリン腺を取り除いていく方法で、この方法はアポクリン腺の取残しが非常に少なく、ワキガを治すのに一番確実な治療法といわれています。

 

切開するので傷跡心配あり

最近は医療の進歩で皮膚を切開する大きさが小さくなっています。

 

以前の剪除法では4〜5センチぐらいを切開していましたが、現在では2〜3センチほどの切開で済むようになりました。

 

医療機関によっては差がありますが、ワキガ治療を主に行っている医療機関であればより高度な手術をしてくれるので、手術後の切開の跡などを心配する必要がなくなりました。

 

同時にエクリン腺を取り除くことも可能

剪除法はアポクリン腺だけではなく、エクリン腺も取り除くことができる医療機関もあります。

 

エクリン腺も取り除けば、ワキ汗を大きく減らすことができます。

 

剪除法にはワキで悩んでいる人には非常に有効です。

 

脱毛効果も期待できる

 

剪除法によるワキガ治療は、脱毛にも効果的です。
手術を受けた後にワキの毛の手入れが簡単になったという話をよく聞きます。

 

ワキガ治療豆知識

 

保険適用がある場合も

保険医療指定機関であればワキガ手術でも保険を使って診療を受けることができます。

 

ワキガ手術は高いイメージがあるかもしれませんが、保険が適用される医療機関では30パーセントの負担で済むので数万円で治療が受けれるところもあります。

 

数万円で、剪除法のワキガ治療が受けれるのでオススメです。