自分の臭いに気づかないのは何故?

自分の臭いに気付けないのは理由がある

ワキガの臭いに自分自身では気づけないのは何故でしょうか。自分で自分の臭いには気づきにくい傾向があるとしても、あの強烈なニオイに気づかないなんて…

 

ワキガの臭いはかなり強いです。気づかないとなると周りの反応を気にして、悩んでしまうこともあるでしょう。ここでは、ワキガの臭いは本人に自覚がなくても自分自身で気づけるのかどうかを説明していきます。

 

自分の臭いに自覚症状をもてない理由

 

意外かもしれませんが、ワキガは自分自身では気づかない人が非常に多いです。

 

ワキガだけど自分がワキガじゃないと思っている人が結構多く、中には周りの反応から気づく人もいますが、本人はワキガに気づかず、なにも防止策をしていない人も多いです。

 

周りの人もワキガをなかなか指摘できない場合が多いです。

 

臭いが強いワキガですが何故ワキガを発症している人は自分の臭いに気づかないのか。

 

嗅覚疲労状態に落ちいってしまっている

“嗅覚疲労”については、医学的な用語なので知っている方はあまりいないかもしれません。

 

「自分の臭いは本人は気づかない」 簡単に言ってしまえばそのようなものです。

 

たとえば、同じにおいを一定時間かぎ続けると、嗅覚の感度が衰えてしまいます。

 

ずっとその臭いを感じ続けるわけですから、当然と言っては当然かもしれません。

 

嗅覚は、環境に順応するものなのです。

 

臭い所にずっといても、しばらくすれば慣れてくることもあるでしょう。

 

まさにそれが嗅覚疲労です。

 

医学的な用語になるので、知っている方はあまりいないかもしれませんが、嗅覚疲労といわれるものがあります。

 

簡単に説明すると、自分の臭いは自分ではわからないと言うものです。

 

同じ臭いかぎ続けると、嗅覚の感覚が減少していきます。

 

ずっと同じ臭いを感じ続けるので、当然です。

 

嗅覚は環境に順応していくもので、例えばくさい所にずっといて、しばらくすると慣れてきますよね。

 

この現象が嗅覚疲労です。

 

 

周りが出してる「クサイ」と感じた時の反応を意識しよう

 

ワキガに本人でも気づけないなら、もしかしたら、自分もワキガで嗅覚の疲労のせいで気づいていない?

 

そんな不安に陥ってしまうかもしれません。

 

そういうときは、他の人の反応から自分がワキガなのかどうかを判断してみるのはどうでしょうか。

 

生活圏内の会社、学校などでの周囲の反応を思い返してみてください。

 

次のような反応をされていたりしませんか?

 

近くによるとと距離を取られる
ハンカチや袖口で鼻を覆われる
近くにいると咳き込まれる
怪訝な顔をされたりしかめっ面をされることがある
エレベーターなどで知らない人がよくこちらを見る
露骨に鼻をつままれるたり、嫌な顔をされる
必要がなさそうな時に、自分の周りの換気をされる

 

他にも

 

食事会や飲み会に誘われない
食事会や飲み会の席で距離をおかれる

 

自分が参加する食事会では欠席する人が多いといった意見も散見されました。

 

ここまで上げたようなことが頻繁にあるのであれば、ワキガの可能性があります。

 

ワキガに人も他人のワキガは気づく!?

意外かも知れませんが、ワキガの人でも他人のワキガには気づくことが出来ます。

 

ワキガの臭いは個人差があります。

 

アポクリン腺から分泌された汗は菌によって分解され臭いが出ますが、分解される汗はの成分は人それぞれ違います。

 

なので、ワキガの臭いに違いが出てきてワキガの人でも他人のワキガに気づくことができます。

 

家族は家族のワキガに気付かない?

 

長い間、同じ家にいるので家に臭いが残る場合があります。
そして、嗅覚疲労が起こります。

 

家族の人はワキガに全く気づかない場合が多いです。

 

他人の家に行ったとき、いつもと違う臭いを感じることはありませんか?

 

同じように他人が自分の家に来たとき、他人の人もにおいの違いを感じます。

 

嗅覚はそのような性質があります。

 

「もしかしたらワキガかも・・」まずはセルフチェックをしてみよう

 

他人のワキガには気づけるのに、自分自身や家族のワキガには気づけないなんて…それじゃぁ、どうすればいいのか。

 

思い当たることがあるのであれば、次のワキガセルフチェックでチェックしてみるてください!

 

ワキガ 本人

 

ワキガの臭い改善方法を徹底解説トップページへ