わきがが悪化した気がする・・

ワキガの臭いが最近悪化してきた。
なんて感じるときはありませんか?

 

ワキガは遺伝も関係してくるので努力で完全に治せるものではありません。

 

美容外科でアポクリン腺を取り除くなどしないと完全に治すことはできません。

 

しかし、ワキガを悪化させない有効な方法はあるのでそちらを紹介していきます。

 

ワキガとうまく付き合っていく方法ともいえます。

 

汗と皮脂を流す

完全に臭いを抑える方法ではありませんが、何日も風呂に入っていないような体はよくありません。

 

風呂に入ったとしても、ワキを洗っていなかったりすると皮脂や菌が残る場合があり、そのような状態で放置しておくと菌が活発になり、においを発生させます。

 

最低1日1回ワキを洗い流して、菌がいない状態を作り出すのが重要です。

 

効果は永久に持続はしませんが、一時的に臭いを消すことができます。

 

専用の石鹸やボディソープもおすすめ

ワキガの臭いを防ぐ方法としては石鹸を使う手もあります。

 

このようなものには殺菌効果や抗菌効果が多く含まれています。

 

菌がワキからいなくなると臭いは発生しなくなりますので、石鹸で体を洗うことは効果的です。

 

アルコールとワキガの関係性

アルコールはにおいをきつくする効果はありませんが、汗腺の働きを活発にさせる効果があります。

 

アルコールを体内に入れると、汗が出やすい状態になり、ワキガの臭いを強めてしまう可能性があります。

 

さらに、アセトアルデヒドと言う成分と酢酸と言われるものがアルコールを飲むことで作り出されます。

 

これらはにおいがあり、ワキガとは違いますがにおいとして周りに迷惑かける場合があります。

 

タバコとワキガの関係性

タバコにはニコチンという成分が含まれており、アルコールと同じように汗腺の働きを活発にさせてしまい、ワキガの臭いを強めてしまう場合があります。

 

制汗剤を定期的に使うとにおいを抑えることが出来ます。

 

スプレー、クリーム、ジェル、スティックなど色んな制汗剤があるので、自分に合ったものを使用するのがオススメです。

 

制汗剤を選ぶ基準としては殺菌効果や抗菌効果があるものを選びましょう。

 

制汗剤には殺菌効果などなく、いいにおいだけのものがありますが、そのようなものはワキガを抑えることは出来ません。

 

臭いに臭いをつけただけなので臭いが悪化し、逆に大変なことになります。

 

菌に対して効果があるものを使用しましょう。