ワキガは食事や食べ物を見直すことで改善できる?!

体臭は食べ物によって変化すると言われていますが、ワキガも食べ物によって変わるか気になるところだと思います。

 

ここでは生活習慣でワキガを防止していきたいと思っている人にしっかりと読んで欲しいと思います。

 

アルカリ性を摂取するのがオススメ

体臭をきつくさせてしまう食材として、肉があります。

 

肉には脂質が多く含まれており、皮脂の原料となってしまいます。

 

肉は酸性の食べ物で、体内で中和しないといけません。

 

中和させるために有効な食べ物としてオススメなのは梅干です。

 

梅干はアルカリ性の食べ物で、胃酸過多の方によく食べられており、症状が改善されると言われています。

 

梅干しの抗酸化作用にも注目

ワキガの臭いの発生には酸化も大きく関係しています。

 

体が酸化してしまうとにおいを発生させやすい状態になります。

 

そこで、梅干を食べることで抗酸化作用が働き、ワキガ防止にとても有効です。

 

ワキガを防止する食べ物で梅干はとてもオススメです。

 

梅干しの注意点

 

梅干はワキガ防止としてとても効果的ですが、健康面で問題があります。

 

梅干は塩分が多く、あまり沢山たべると健康面に問題が出る可能性があります。

 

1日に1〜2個ぐらいがべストです。

 

塩分控えめの梅干もありますが、これも効果はありますのでオススメです。

 

緑茶には強い消臭作用あり

緑茶は部屋のにおいを消すことができるほどの消臭効果があります。

 

飲み物ですが、口から入れるものなので紹介しておきます。

 

緑茶にはビタミンC、ビタミンEが多く含まれています。

 

ビタミンを補給することにも優れており、肉料理を食べた後、酸化した体を正常化させる効果もあります。

 

なので、ワキガ防止にも有効な働きをするといわれています。

 

緑茶なら毎日飲むことが出来ますので、毎日飲んでワキガの防止をしましょう。

 

ラードやバターについて

ワキガ防止するために肉は食べないほうがいいです。

 

しかし、肉は栄養が豊富なので体の機能を高めるには必要な食材です。

 

肉などの動物性の食べ物はワキガのにおいを強めてしまいます。

 

理由は、動物性の食べ物はアポクリン腺を刺激し、皮脂を大量分泌させてしまいます。

 

動物性の食べ物の中でもラードやバターは簡単に使用を控えることが出来るのと思うので、心がけることをオススメします。

 

少しのことでも、臭いが抑えられる可能性はあります。