【今日からできる】ワキガ対策方法をご紹介

ワキガに悩む女性1

職場で臭いたくないので毎日ワキガ対策をしています。デオドラントスプレーや汗ふきシートでこまめに清潔を保つようにしています。ですが、ランチで外出して汗かいたり、夕方になってくると、どうしても脇からニオってきてくるので同僚の目が怖いんです・・

 

デオドラントスプレー、汗ふきシートで清潔に保つことも効果的ですが、ワキガ独特のツーン臭をさせないするには、別の視点からの予防対策が必要です。

 

ワキガ臭を発生させないポイント

 

わきがの原因「アポクリン汗腺」からでる汗をどうにかする

 

人は主に2種類の汗腺を持っています。1つはエクリン汗腺、これは運動をした時や気温の上昇から体温調節をするために出てくる汗はエクリン腺から出てきます。もう1つは「アポクリン汗腺」で、ワキガに悩まれている方は名前を聞いたことがあるかもしれませんね。エクリン腺と違ってアポクリン腺は体温調節の役割ではなくフェロモンを出して異性を引き寄せる役目をもっていました。アポクリン腺から出る汗は本来無臭ですが、ワキに常駐する菌と汗に含まれている成分が混じり合って、ワキガ臭を発生させてしまいます。

 

ワキガの元と言っても過言ではないこの汗を出さないようにするか、出たとしても少なくすむように、または臭いを発生させる成分が少なくするように体質改善をしていきましょう。

 

脇の常駐菌を理解して正しいケアをする

 

ワキにかぎらず人間の体には沢山の細菌が住みついてます。これを常在菌は呼ばれていて、皮膚以外にも腸内、口の中などにも棲息してます。よく聞くビフィズス菌はそれにあたります。運動をした後に感じる汗臭さ、これはエクリン腺の分泌物と、黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌が混じりあうことで、発生するニオイですが、腋臭は、アポクリン腺から出る汗の成分とコリネバクテリウムキセロシスという菌によって臭いを発生させます。

 

皮膚を守るために一定の常在菌は残しつつも、甘草に含まれるβ−グリチルレチン酸など自然由来成分を使った殺菌作用、防臭作用のあるものでケアをしていく必要があります。

 

すぐにできる予防法3つ

 

上記のポイント2つを踏まえつつ、今日からすぐにできるワキガ臭の予防方法を3つご紹介していきます。悪化を防ぎたい場合は別ページでまとめていますので、そちらを参考にしてみてください。

 

>>ワキガを悪化させないテクニック

 

ワキ毛処理をする

 

ワキガを予防する臭い対策として、脇毛を剃ることは非常に有効です。常駐菌は脇毛が好きで、ワキ毛が多いほど、常在菌も増えて、さらに動きも活発になります。また、体毛は水分を保有する役割もあるので、脇汗をかくと脇毛が水分をキャッチしてホカホカと湿り気のある脇環境になってしまいます。なので、ワキ毛を剃ることは、常駐菌を減らし、細菌が過剰に活発ならないように抑えて、臭いの原因となる汗も抑えることに繋がるので、臭い予防に効果的です。

 

※脇毛処理はカミソリで剃るようにしましょう。脇毛をピンセットなどで抜く処理は余計な刺激を与えてしまい、ワキガが酷くなる場合があるので「抜く」は絶対にやらないようにしてください。

 

衣類の臭いの染みつきを抑えてニオイを予防

 

臭いが発生する環境はカビと同じような条件とも言えるでしょう。汗に含まれる成分と水分を好む雑菌が出会った結果、ニオイが発生します。また、常在菌は温かい場所を好みます。脇毛を剃るのも湿った環境は細菌を活発にさせるので、湿った環境を作りづらくする意味も含まれていますが、衣類も脇毛と同じで湿気を吸収してしまうので、衣類もわきがのニオイを助長する要因となります。衣類に汗を吸収させないことは、ニオイを予防することに繋がります。わきがのニオイ予防策としては、こまめに制汗剤を使用することと、ワキ汗パットを付けるなどして直接的な湿気っぽくなるのを防ぎましょう。脇汗パットは消臭効果、吸水力を持ったものを使用するといいでしょう。ただし、香料が入ってるアセ脇パッドもあるので、アンモニア独特の刺激臭が強い人は無香料のものを選ぶようにするといいです。

 

ワキガケアに使えるグッズで予防対策

 

わきがを含めて、ワキのニオイをケアする商品は沢山あります。
ワキシューこと制汗剤、ロールオンタイプ、シートタイプなどの薬局、ドラッグストアでお馴染みのグッズから、朝つけて1日効果のある美容液のような使い方ができるワキガジェル、クリームのような商品も充実しています。

 

例えば、当サイトではワキガ対策クリームの商品をいくつかご紹介しています。

 

1.クリアネオ

老廃物を栄養にしている細菌を抑える渋柿エキスをはじめ、殺菌効果、制汗効果のあるイソプロピルメチルフェノール、パラフェノールスルホン酸亜鉛を配合しているワキガの臭い対策クリーム。通常価格は6,000円弱とややお高めな印象もありますが、定期便で購入すると1,000円OFFの4,980円で買うことができます。送料も無料です。

 

2.ラポマイン

ラポマインはスキンケア大学でも紹介された商品です。2012年から販売を開始し、累計販売数は122,000本を突破し、リピート率も95.6%とかなり実力をもった商品です。

 

3.ノアンデ

ノアンデ独自の製法「1DAY Perfect」の技術により、他社製品よりも汗でクリームが流れ落ちないのが強みの商品です。独自製法ということで肌が敏感な人は荒れないか心配という人もいるかもしれませんが、ノアンデを200人にパッチテストをして、1人2回ずつ実施しても、肌荒れ、かぶれ等の症状は1人もでない、安全性においても信頼性の高いアイテムです。

 

ワキガ対策には専用のクリームがオススメ!

 

ワキガ対策クリームの中でどの商品が良いか、ランキング形式のページを用意していますので、そちらのページも下記の画像からチェックしてみてください^^
【ワキガ対策】わきがクリームランキングに戻る

 

 
 
 
 
 
 

ワキガの予防・対策方法について

ワキガは自分の印象を決め付けてしまうものといっても過言ではありません。

 

ここでは、ワキガは予防することが出来るのか、対策法はあるのか説明していきます。

 

ワキガで悩んでいる方にはとても参考になると思うので目を通してみてはいかがでしょうか。

 

汗をこまめに拭きといること

雑菌の繁殖を抑えることが肝心

ワキガの臭いはアポクリン腺から出た汗を菌が分解して発生します。

 

なので、アポクリン腺から出る汗を分解して臭いを発生させる雑菌を無くせば臭いを防止することが出来ます。

 

方法としてはワキのしたを拭くようのタオルを持ち歩くといいでしょう。

 

同じタオルで1日に何回も拭いていると、タオル自体に菌や臭いが移り、効果がだんだん薄れていきます。

 

複数枚タオルを持ち歩くとしっかりケアが出来ると思います。

 

使い捨ての汗ふきシートも役に立つ

タオルを持ち歩くのが大変と言う方もいると思います。

 

そんな方には、汗拭きシートなどがオススメでバックなどにも入れれて持ち運びしやすいです。

 

ワキを拭くとなると、人目が気になるのでトイレに行ったついでなどに拭くのがいいです。

 

汗拭きシートは使い捨てなので、衛生面がよくタオルと比べてデメリットを気にする必要がありません。

 

デオドラント系のアイテムを利用すること

制汗剤など

制汗剤スプレーを使用するのもオススメです。

 

しかし、ワキガの方は一般的なデオドラント剤では役に立たない場合があります。

 

ワキガのにおいは菌の働きが主な原因です。

 

単にいいにおいが付くだけのスプレーでは全く改善されません。

 

抗菌作用・殺菌作用があるタイプを利用すること

汗を分解して臭いを発生させる菌を抑えることができればそれに伴い、臭いも抑えることができます。

 

なので、菌を殺菌させる効果のあるデオドランド製品を持ち歩いてこまめに使用して臭いを抑えましょう。

 

夏はワキガじゃない人も使っているので、使用しやすいと思います。

 

食生活を変えてみよう〜肉食は控えること〜

和食がワキガに効果的

アポクリン腺から出てくる汗の成分は脂質やたんぱく質です。

 

どちらも体に必要な栄養素ですが、最近では食生活の欧米化で摂り過ぎてしまっている傾向にあります。

 

そのせいで、ワキガの臭いも強くなっている話も聞きます。

 

和食をメインとした食生活を続けると脂質もたんぱく質も一気に改善することが出来ます。

 

ワキガの臭いを防止するのに効果が高いので試してみるといいでしょう。

 

この対策では完全に臭いを抑えることが出来ませんが、においをかなり抑えることができます。

 

アルコール消毒をしてみよう

菌を一掃できる!

全ての菌を殺菌できるとはいえませんが、アルコール消毒液にはかなりの殺菌効果があります。

 

アルコール消毒液は99%の菌を殺菌することが出来るといわれています。

 

ワキをアルコール消毒すると、臭いの元の菌をほぼ消滅させることが出来ます。

 

アルコール消毒液は安く使いやすいです。

 

拭いた後すぐは少し湿っていますが、アルコールはすぐに蒸発してしまうので放置していても大丈夫です。