ワキガの人の夏の過ごし方

ワキガはよく汗をかく夏に臭いが酷くなると思われていますが、実際はどうなのでしょうか。

 

季節に関係なく臭いが発生しているかもしれません。

 

ここではワキガと季節の関係について説明していきます。

 

汗をかきやすい季節になると臭うのは事実

ワキガの主な原因として汗があります。

 

詳しく説明すると、菌が汗を分解してそのときに出る臭いがワキガの原因です。

 

エクリン腺とアポクリン腺と言う汗を分泌するものがあるのですが、日本人の多くはアポクリン腺が少ないです。

 

ワキガになる人はアポクリン腺が多い人です。

 

そのアポクリン腺から分泌された汗は水分はもちろん、脂肪分など色んな成分が含まれており、その汗が分解されるときに臭いが発生します。

 

汗をかきやすい季節は汗の量が増え、アポクリン腺からの汗も増えます。

 

さらに、汗により肌が濡れた状態が続くので、菌がとても発生しやすい状態になります。

 

なので、冬のような汗をかきにくい季節と違い、夏は比較的にワキガの臭いが強くなる傾向があります。

 

夏場のワキガ対策はどうしたら良いのか?

殺菌作用のあるデオドラント剤を利用しよう

夏場のワキガ対策はとしては、デオドラント剤を使用するのがオススメです。

 

単ににおいがいいものを使うのではなく、殺菌効果があったり、抗菌効果があるものを使うのがオススメです。

 

殺菌効果のあるデオドラントスプレーやシートを持ち歩きこまめに使用することで臭いをかなり抑えることが出来ます。

 

服をこまめに着替えること

菌は汗に集まってくる習性があり、着ている汗の付いた服にもくっ付き汗の分解を始めるので服からも臭いが発生してしまいます。

 

特によく汗をかいてしまう夏は着替えのシャツを持ち歩くなどをして対策することをオススメします。

 

1日中同じ服を着ると言うことは、臭い防止対策としては控えたほうがいいでしょう。

 

特にワキガの人は臭いだけではなく、シャツのワキ部分に黄ばみなどが付いてしまうことがあります。

 

視覚からも目立ってしまうので、着替えのシャツを持ち歩くことを心がけるといいと思います。

 

制汗機能のあるクリームをワキの下に塗る

ワキガの原因に汗がありますが、汗を抑えることで臭いも抑えることができます。

 

制汗剤効果のあるクリームなどがありますが、これをワキに塗っておくと汗の量が減ります。

 

これにより、臭いが発生しにくい状態を作ることが出来ます。